オナホとローション

A10シリーズ 電動オナホが人気!

A10サイクロンは、イケてる電動オナホとして、アダルトグッズの業界を一世風靡しました。インナーホールも複数のバージョンがあり、交換可能で洗浄も容易なのです。実に工夫が凝らされた電動オナホールなのです。いま話題のA10ピストンとA10サイクロンを迷ったら、両方とも購入してみるか、A10ピストンをお勧めします。A10サイクロンは、回転の刺激のため、いままでにない快感を味わえます。しかし、なかなかイケないという人も多いのです。ピストン運動なら通常の刺激なので、イキやすいかと思います。A10サイクロンやA10ピストンを模倣した電動オナホもあるので、比べてみるのもいいかもしれません。A10サイクロンは、ホール部分が充実しています。メデューサやクリスタル、ローリングフェラ、自由度が高いフリーなどなど、いくつか種類があります。評判の良い電動オナホを試してみてくださいね。電動オナホールの使用時は、多めにローションを付けてください。

ボクのおなぺっとってどうよ?

ボクのおなぺっとはオナホールの中でも低価格の部類に入るかと思います。よく言われることですが、ワラビ餅のような手触りの素材が売りになります。まったり系で柔らかい刺激を楽しむ感じになるかと思います。ホールの内部形状はいたってシンプルで細かくヒダが刻まれています。ホール自体が柔らかいので低刺激なのが特徴です。パッケージも可愛いですね。ボクのおなぺっと2という上位版も販売されています。ボクおなの良さをそのままで、少し大きいサイズになります。素材はお馴染みのワラビ餅のような感触の素材になります。ねっとりとして、まとわりつくような感触が味わえます。この感覚はボクのおなぺっと独特だと思います。ボクのおなぺっとは根強いファンの多いオナホールです。電動オナホとは異なる感触が得られますからね。ちなみに、ボクのおなぺっとは、MATE(メイト)という会社が製造販売しているようです。あまり知名度が高くないメーカーかもしれません。

セブンティーンエボリューションは古い?

人気があるオナホールといえば、セブンティーンという商品が思い浮かびます。このオナホは文字どおり17という意味です。どういう意味に解釈するかは人によって異なるのかもしれません。ここで注目したいのは、セブンティーンエボリューションというオナホです。セブンティーンの改良版で二作品目になります。二重構造と非貫通については変更がありませんが、素材とホール内部の形状に変化があります。イボイボなどの突起があります。素材はどちらかといえば、柔らかめでしょうか。初代セブンティーンとエボリューションを比べると、ほとんど別物としてとらえられるかもしれません。セブンティーンエボリューションは、ボクのおなぺっととは価格帯が異なり、二千円台と中級のオナホールに属します。高級オナホールだと五千円以上、高い商品だと二万円を超えますから、安いほうかもしれませんね。現在では、セブンティーンボルドーという、第三弾が販売されています。